ささみファクトリー

新作を中心に、見た映画のあらすじと感想を製造します。肝心なところのネタバレはしません。食べたカレーの報告もします。

キングスマン ゴールデンサークル/マシュー・ボーン監督

キングスマン  ささみ  映画

 

キングスマン ゴールデンサークル」

2017/イギリス/140分

 監督:マシュー・ボーン

出演:コリン・ファースジュリアン・ムーアタロン・エガートン
マーク・ストロングハル・ベリー

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain:w43  あらすじ

 

上品な紳士服店が実は地下のスパイ組織だった・・・というイギリス製スパイアクションコメディ映画の続編。007よりもぶっ飛んだグロテスク描写やブラックユーモアがとっても楽しい、新しいスパイ映画シリーズ。今回は謎の闇組織「ゴールデンサークル」に、主人公達が所属するスパイ組織「キングスマン」が襲われる。助けを求めた先は、アメリカだったー。

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain:w43 2作目も全然イケる、スーツで闘うスパイアクション映画

 

大ヒットした前作は、とにかくぶっ飛んだグロ描写と、音楽を使ったポップで爽快なアクションが気持ち良くて、久しぶりに爽快なスパイ映画を有難う!という感謝の念を抱く稀有な作品でした。みんな好きですよね、この映画は。

 

2作目は、舞台をアメリカに広げ、ちょっとスケールアップ。風呂敷を大きく広げてしまった為、上映時間も長くなってはおりますが、スパンスパン殺りくしてしまう思い切ったグロ、何が起きているのか判別付きやすいアクション、やりすぎって位のブラックユーモアはあいも変わらずで、キングスマンに欲しい要素はこれだよ!というものはほぼ満たしてくれます。

 

前作を見ていない人でもなんとなく背景をさらっとネットで読んでいけば、まあまあ大丈夫。でも、前作でキーになったある2人が今回大活躍するので、余裕があれば前作をDVDでチェックしてから行くことをおススメします。

 

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain:w43 影の主役「マーク・ストロング」に萌える

 

その一人が、スパイ組織「キングスマン」の事務方支援要員のマーリンです。主人公にハイテクスパイアイテムを享受したり、パソコンをカチャカチャして様々なデータを調べたりと、主人公を鉄壁な後方支援ぷりで支えてくれます。長身でスーツをビシっと着こなす、つるっ禿げマーリンはクールだけど優しき頼れるおじさまです。萌えます。

 

演じる役者は、マーク・ストロングというハゲおじさまです。この人は、割と「スパイ組織でのじゃじゃ馬主人公に悩まされる優しき中間管理職役」が多い気がします。いつも何だか、組織の論理と破天荒な若手主人公の板挟みになって、ちょっとまいったなーという困り顔をしています。「部下   困る  板挟み  組織  中間管理職  スパイ」で検索すると「マーク・ストロングですか?」とコンピュータが答えてくれそうなペルソナ感です。

 

今回も相当現場に困らされるだけでなく、マーリン自身の身に大変な危機が訪れます。これまで彼自身のピンチをこんなに真っ向から描く作品はあまり無かったと思います。こんなにマーク・ストロングを楽しめる度は過去最大級です。くたびれたスーツインテリおじさん好きにおすすめしたいです。

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain:w43 チャニング・テイタムが踊る映画にハズレなし

 

 今回新たに活躍する、アメリカのスパイ機関「ステイツマン」に所属する諜報員役に、チャニング・テイタムというムキムキ俳優が出ています。頭空っぽそうな、カウボーイ役でかなりおバカちゃんでその名も「テキーラ」。典型的な能天気アメリカ人をブラックユーモアで描いています。

 

このチャニング・テイタム、もともとイケメン俳優枠でシリアスな役もできますが、最近はコメディに出てキレっキレに踊るんですよね。伊達に男性ストリッパー出身ではありません。ささみはおもっています、「チャニング・テイタムが踊ると、ハズレなし」と・・・。今回ももちろん踊っているので、この映画はいい映画と言えます。

 

 

この映画を見て・・・ささみのひとこと

f:id:sasami_333:20180115212903j:plain:w70

 

 どこのシーンのことかは、見たらわかります。

 

 【大ヒットした全作】

キングスマン(字幕版)

キングスマン(字幕版)

 

 

 【監督のマシュー・ボーンと言えば、コレ】

 

 

 

 

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」/Guardians of the Galaxy Vol. 2/監督 ジェームズ・ガン

 f:id:sasami_333:20170531075636j:image    

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」

制作:2017/アメリカ/136分

監督・脚本ジェームズ・ガン

出演: クリス・プラットゾーイ・サルダナ、デビッド・パウティス、ヴィン・ディーゼルブラッドリー・クーパー

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain   あらすじ

 

アメコミ会社マーベル が送る、星の数ほどある実写化映画シリーズの一つ「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の第二弾。4人のはぐれ者がひょんなことから出会い、なぜかこの4人が銀河を救う事になってドタバタを繰り広げていくコメディ。今回はガーディアンズチームの主人公ピーター・クイルの父親を巡って、またドタバタ。

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain とにかく楽しい、見ているだけで幸せ。

 

待ってました、この続編を。前作がもう大大大傑作だったので、とても期待しておりました。もともとこの原作、マーベルの中でも地味な漫画だったようで。かつ日本版予告が超絶つまらなそうだったため、「なんじゃこりゃ、見ないわ」と思っていましたら、「超絶面白い」という評判がすぐに伝わり、その後は何度も見ています。食わず嫌いはいけませんね。

 

カラフルな宇宙の描写、70年代音楽のセンス良い気持ち良すぎる使い方、また音楽とアクションの興奮のピークとストーリー上の盛り上がりがうまくハマっており、何も考えずに誰でも楽しめてグッとくる120分。面白い映画に必要な要素のほぼ全て満たしているんじゃないかなと思ってしまいます。

 

よく「スター・ウォーズ」に並ぶスペース・オペラ作品と評されていますが、あの頃の「スター・ウォーズ」がリアルタイムではない 、80年代生まれのささみ世代には、「ガーディアンズ〜」が同時代で一緒に楽しめるスペースオペラかもしれません。(一昨年からのスター・ウォーズ新シリーズは、「まだおかず残ってたの!?」的なご褒美感覚です)

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain 楽しいだけではない、4人がそれぞれ背負っているもの。

 

SF作品なのに、ポップな映像と音楽が散りばめられた楽しい作品ですが、一番の魅力は、主人公4人のそれぞれのキャラクターの面白さをうまく配したストーリー。

 

主人公のピーター・クイル(別名スター・ロード)は、幼い頃に地球からさらわれた過去があり、その後宇宙で窃盗をしながら生きています。彼の宝物は、地球で病床の淵のお母さんからもらった肩身のウォークマン。中にはお母さんが編集したヒットソングのテープが。このテープを聴いている時が、彼と微かな記憶中の家族が繋がる時。アライグマのロケットも詳しく説明されないが、悲しい過去を引きずっており、また女性の殺し屋ガモーラも複雑な生い立ち、もう一人のメンバードラックスは、妻子を殺されている。

 

こんな、それぞれ傷を追ったはぐれ者が宇宙で出会いチームとなり、強大な敵と戦う。しかも音楽と映像のセンスが抜群、という類稀な作品がガーディアンズ・オブ・ギャラクシーです。脚本・監督をどちらも担当したジェームズ・ガン、ありがとう。

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain こんな「家族」に入りたい。

 

今回の2は、前作で隠されていたピーター・クイルの父親が出てきます。一見、強そうで暖かさを持った父親に見え、彼はチームを置いて父親の元へ行きます。しかし、父親にはとんでもない裏がありました。実の親だけどトンデモない父親と、父親のように彼を育ててくれていた存在、そして大人になった彼が自力で作った「ガーディアンズ」というはぐれ者たちの「家族」。ピーターは今回の戦いの中で、なにを見つけるのか?ギャグの連発の中にも、要所要所で4人の小さくない傷を見せられてグッと気持ちをつかまされました。

 

この映画を見て・・・ささみのひとこと

                                            f:id:sasami_333:20170529094538j:image

                                                                                                  どこのシーンのことかは、見たらわかります。 

 

 

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」/Manchester by the Sea/監督 ケネス・ロナーガン

     マンチェスター・バイ・ザ・シー 映画 あらすじ ささみ

 

制作:2016/アメリカ/137分

監督・脚本:ケネス・ローガン

出演: ケイシー・アフレックミシェル・ウィリアムズカイル・チャンドラー

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain   あらすじ

 アメリカ・ボストン郊外に住む孤独で無口でな男、リー。便利屋として生計を立てていた彼は、心臓発作で突然亡くなった兄の子供の後見人になる事に。16歳になる甥を育てようと彼と向き合おうとするものの、なかなか甥や周囲の街の人とも馴染めず、衝突も繰り返し、頑なに他人に心を閉ざしたまま。それは、リーが背負ったある悲劇的な出来事があったためであった。

2017年度アカデミー賞主演男優賞脚本賞受賞。

 

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain 孤独な男と、曇天と、寂れた港

 

地味で静謐です。決して豊かとは言えない港湾都市(割と曇天)に起きた悲劇と、それを背負って生きなければなれない人の、その人しか分かり得ない孤独に寄り添ったしっとりドラマ。静かに心動かされます。全体的なしみったれ感(良い意味で)が、陽なアメリカから生まれたとは思えない。(孤独なおじさん、さびれた港湾地区、曇天・・ささみの好きな要素です)

 

主人公リーは、ある出来事をきっかけに生まれた街マンチェスター・バイ・シーを離れていたが、亡くなった兄の甥の後見人になるため、故郷に戻ってくる。以前は仲間とワイワイ遊んでいた故郷、でもその場所は彼にとっては辛い場所。そこで、兄が遺した16歳の多感な甥っこを育てようとするも、飲み屋でケンカはするわ、甥っ子ともぶつかるわうまく行かない。リーに、一体何があったのか?

 

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain これ以上ぴったりな役者はいない。ケイシー・アフレックのハマりぷり

 

その悲劇は、中盤に観客にも説明される。うん、重い・・・。それを背負うのツライ・・・辛すぎる・・。やたらケンカばかりしたり、他人に暴言はいて自暴自棄になっているのも急にわかる気がする・・と事情を共有したのちは、彼は果たして、そんな悲劇の淵から再生できるのか??観客はじっと見守る事になります。

 

常に目が死んでいるリー。猫背、ボソボソ話すリー。いろんなものを背負いすぎて、別に生きたくて生きてないっす的なオーラが全身から出ています。この「消極的死に感」を出せるアメリカン役者、ケイシーアフレック以外にそうそういないような気がします。もともとマット・デイモンがやるはずだった役だそうですが、このしみったれたリアリティは彼にしか出せないものだったと思います。

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain 見る人それぞれのちょっとした傷に寄り添う物語

 

物語の主題は、リーが絶望的な悲劇から救われて行くのか?ということに当てられています。リーは16歳の多感な甥とぶつかりながら向き合うことで、ほんのわずかの変化なのか、何か新しい感情も見えてきます。どんなにツライことで傷ついて心を閉ざしても、また自分から開いて他人と関わる事でしか、その傷は癒えないんだなと、ながーく淡々としたドラマの中で感じさせれらました。傷は完治しなくても、一旦放置はできる、そんな風に思いました。

 

この映画を見て・・・ささみのひとこと

                                            

           f:id:sasami_333:20170520021855j:image                                                                                       どこのシーンのことかは、見たらわかります。 

 

 

「ナイスガイズ!」/ The Nice Guys/監督 シェーン・ブラック

                                      f:id:sasami_333:20170420220839j:plain

「ナイスガイズ!」

制作:アメリカ/上映時間 111分

出演:ラッセル・クロウライアン・ゴズリング、アンガーリー・ライスホリー・マーチ、マット・ボーマー、マーガレット・クアリー

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain あらすじ

 

酒ばかり飲んでいる、シングルファーザーの探偵ホランド・マーチ(ライアン・ゴズリング)と、暴力的だけど優しい示談屋をしているオッサン(ラッセル・クロウ)がコンビを組み、失踪したとある少女を探すことに。少女の失踪の背後には自動車産業の闇が隠れており、二人は政府も絡んだ巨大な陰謀に徐々に巻き込まれていく。70年代ロサンゼルスが舞台にした愉快なノワールコメディ映画です。

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain  ささみ史上、ベストゴスリング映画

 

とにかく笑えます。ライアン・ゴズリングの演技が最高に光っています。同時期公開「ラ・ラ・ランド」より、ささみ的には断然こちらをベストゴズリン映画としてオススメします。

 

ゴズリング演じる探偵マーチは、とにかくダメ男。酒浸りでマヌケ。

わけわからん凡ミスを連発し、頼りないのになぜか憎めない。この愛すべきキャラクターを作りあげたライアン・ゴズリングのコメディセンスと身体力がすばらしいと思います。イケメンなインテリ役も多いゴズリングですが、こういうマヌケ役をやったときのおとぼけゴズリンパワーの破壊力は、底知れないです。コメディを演じきれる役者は本物な気がします。

  

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain  利巧な娘が、ダメな父を守る

 

ダメなゴズリングを支えるのが、彼の娘役のアンガリー・ライスちゃん。父親の凡ミスを冷静にナイスカバーして行きます。でもちょっとした時に、ティーンらしい弱さを見せるのですが、その強さと弱さのバランスが絶妙にかわいい。父親の前は強がる一方、母親が焼死した空き地で、一人で読書をする姿が切ない。「だめな父と利口な娘」のバディものとしても楽しめて、親子でもあるけど親友同士にも見える、この二人の関係性が見ていて心地いい。

  

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain   ずっと見ていたい新たなシリーズものになること期待

 

 とにかく本編と関係ないミスや下ネタでずっと笑っていられるけれど、二人が巻き込まれる自動車産業と政府も絡んだ暗部は、社会風刺にもなっています。自国の産業発展を優先するばかりにないがしろにされる環境問題、それに抗うヒッピー、そして何にも属さず負け犬なダメな私立探偵だけど優しさには溢れている男2人・・・。とにかく映画として面白い要素に溢れたコメディ映画。真剣に見なくても家でDVDをかけっぱなしにしていたい映画です。

 

この映画をみて・・・ささみのひとこと

             

f:id:sasami_333:20170513203339j:image

  どこのシーンのことかは、見たらわかります。