読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささみファクトリー

新作を中心に、見た映画のあらすじと感想を製造します。肝心なところのネタバレはしません。食べたカレーの報告もします。

「ムーンライト」/Moonlight/監督 パリー・ジェンキンス

                   

                                      f:id:sasami_333:20170419091108j:plain

制作 アメリカ/配給 ファントム・フィルム/上映時間 111分

出演 トレバンテ・ローズ、アシュトン・サンダース、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリナオミ・ハリス、アンドレ・ホーランド

2017年のアカデミー賞作品賞受賞作。脚色賞、助演男優賞 受賞。

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain  らすじ

アメリカ・マイアミの貧困地帯に住む黒人男性が主人公。少年期・青年期・成人後の今の3部構成で、彼と彼を取り巻く人々について、大変静かに、ブルーを貴重とした美しい画面の中描かれています。

 

主人公シャロンを取り巻く環境は、いつも過酷。幼少時は、友達に「オカマ」といじめられ、父はいなく、母は麻薬中毒。近所に住む麻薬ディーラーの成年フアンが、本当の家族のようにシャロンを助けてくれるものの、青年期ブロックでは、この優しきフアンは、この世から去っている。さらに、シャロンは麻薬常習者の母親にお金をせびられる。高校生活に至っては、自身の同性愛についてからかわれ、シャロンはある一線を超えてしまう。家庭にも学校にも、彼が彼らしく居られる場所はどこにもない。そして大人になった彼は…。

 

  

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain  貧困の黒人男性が主人公なだけの「りぼん」的純愛物語

 

と、このあらすじだけ引っこ抜くと、麻薬と暴力まみれのハードな映画に感じられます。この映画の予告編でも、そんな貧困と麻薬から離れられない黒人たちの厳しい現実が描かれるのかなと思っておりました。

 

それがどっこい、これは少女マンガのようなピュアな愛の物語です。黒人、麻薬、貧困という要素は、ただの要素に過ぎないのです。物語の中心は、超内気なシャロンという人物が抱く、ある人物に秘めたるある思い。観客である私たちは、ただそれを静かに、ひたすら見届けます。

 

 

f:id:sasami_333:20170421173430j:plain   秘めた思いが人を強くする

 

彼の秘めたる思いは、一瞬の熱い恋心だけれど、過酷な環境の中で生きる彼の心に、長く長く灯火のようにきらめいています。麻薬に溺れる母、陰湿ないじめをする同級生たちに囲まれたシャロンの生活は、端から見ても地獄のような状況にしか見えません。そんな彼の生活でひとつだけ確かなものは、そのきらめきが心にあるということ。その彼とどうこうなることが大切なのではなくて、一瞬でもいいから心から誰かを好きになり、そして受け入れられた。そんな思いが心にあるというだけで、結構人は強く生きられるのはでないかなという気がしました。(だからちょっと終わり方は、それでいいのかな?と思ってしまいました。)

 

彼と彼を取り巻く優しき登場人物に、照らされる月の光。美しい青い光に照らされる時だけ、彼は彼の人生を生きることができていた。自分だけがわかってればいい「ムーンライト」的なきらめきを手に入れただけで、シャロンは強いのだと思う。貧困とか麻薬とか黒人とかはあまり関係ない、1人の人間の内面の物語でございました。

  

 

この映画をみて・・・ささみのひとこと

             f:id:sasami_333:20170422200333j:image

                    どこのシーンのことかは、見たらわかります。